2015年2月28日土曜日

再出発

6年程前に親父が逝き、そして2年前にはお袋も。

数年に渡る自宅介護の最中には、苦しい事・辛い事・悲しい事が強く感じられ、あれほど呻吟していたのに、たった2年で今は嘘のように実感がなくなっている。

今でも同じ家に住み親父やお袋の物はかなり整理して、もう必要のない物はかなり処分し随分とサッパリしたとはいえ、記憶を思い起こさせる部屋や家具・日用品なども大分残っているのに。
なぜだろう。

自宅のすぐ隣には事務所が有り、その事務所や倉庫の方は何故かこれまで片付ける気にならずに、両親の使っていたもの等があちこちにあるままで手を付けずであった。
たとえば事務所のお袋の事務机の引き出しの中には、お袋が仕事に使っていた物や私物がそのまま入っていたし、事務所の仕事は殆ど(全く)しなかった親父の趣味(道楽)の道具はもっぱら物置の中に散らかったままになっているという状況でありました。
いつかは片づけなければいけないとは思いながら、今に至ったのである。

しかし、さすがに最近になってこれではイカンと思い立ち土日等を使って片付け始めたのだが、驚いたことに片付けても片付けてもこれが一向に片付かない。(笑)
イヤー要らないものが多いもんだなーと心底実感したのであります。

で、もしかするとこれは永久に片付かないのではないかなどとも思い始めたのでありますが、幸い永遠などというものはこの世には存在しないのであります。
やっと効果が表れ始め、事務所内の景色も大分さっぱりしてきたのであります。

そこで今日は、近年私がもらってロッカーの中に入れっぱなしにしてあった表彰状などを出して、事務所に並ぶ親父の賞状の間に飾る事にしました。

K0090494
年代物の親父の賞状に挟まれ、私の初々しい賞状(笑)がとりあえず5枚並びました。
近い内に2枚追加になる予定ですので、反対側の壁面はもう額でビッシリなので何処に飾るか決めておかなければなりませんね。
そして今後、せめて数だけでも親父に並ぼうと思います。

再スタートのつもりで頑張ってみようと思います。

2015年2月27日金曜日

株式会社 大塚家具 !

1969年(昭和44年)に我が地元埼玉県春日部市の東武伊勢崎線春日部駅東口に桐箪笥販売店「大塚家具センター」として創業し、程なく駅西口に新店舗開店、10年程で東京千代田区に本社を移転。

あれよあれよと言う間に大きな企業に成長し、我々地元住民は皆驚嘆するばかりでありました。

大塚家具発祥の地 (1)
【大塚家具 発祥の地、 現在は地元町内会の御神輿等の収納・展示館となっている】

これはひとえに現会長の大塚勝久氏の先見性、経営能力・手腕の賜物であると言わざるを得ないだろうし、非常に優秀な方であると思う。

 我々凡人市民から見ると、雲の上の人であり、素晴らしい経営者であったのは誰にも異論はない事でありましょう。

しかし今般のお家騒動的ドタバタ劇を見るにつけ、結局のところ時代の変化に影響を受け売り上げが減少したことに対処しきれずに悪あがきして、親族間で責任のなすり合いをしている情けない姿を、自ら進んで社会に開示してしまっているように感じられてなりません。

憧れの事業家と考えていたのに、大変残念で寂しい思いが湧きあがります。

それに、いくら大きかろうと「家具屋さん」のお家騒動を、朝から晩までテレビで取り上げる必要が有るのかと大変疑問に思います。

結局は「取締役会」「株主総会」による採決となるのでしょうが、このところの推移を見ると両陣営の力関係はかなり拮抗しているようであります。

何とか良い着地点を見出して頂きたいものです。 そして言うまでもなく、何よりも「お客様」を一番大切にして頂きたいものですね。

と、経営手腕の全くない私が心配申し上げるので有りました。

2015年2月24日火曜日

艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)

「艱難汝を玉にす」

まだまだ、苦労が足りないようでありますね。

頑張りたいと思います。

2015年2月22日日曜日

浴衣

ちょっと、
と言うか大幅に季節外れな話題ですが「浴衣」の話題です。
皆さんは浴衣といったらどんなことを連想しますか?

私は『人魂』なのです。

和風の旅館等で寝間着として浴衣を着て寝ると、
翌朝目が覚めると、

間違えなく100%の確立で、
寝る時にはちゃんと着ていた浴衣が、

腰ひもを残して、全てが後ろ側に移動して、
ただの「巨大な尻尾」と化しています。
体が丸出し状態! 

見た目が全く『人魂』なのであります。 (@_@;)

こんなに毎回肌蹴てしまうのは私だけなのでしょうかね?

お粗末な話題で失礼いたしました。 m(__)m

塵も積もれば・・・

塵も積もれば

2,750トンといえば、昨年のクロマグロの世界の漁獲高を5,000トンから2,750トンに減らせというような議論も有ったと記憶。
分かったようで分かりませんね、その量。

では「100㎏の巨漢が27,500人」ではいかがでしょうか? (@_@;)  (笑)

2015年2月20日金曜日

出願手続きは無事完了。

先日特許庁へ行き、自分で初めて行った出願に対し、
特許庁から「出願(申請)番号通知」が参りました。
もう少し経ったらまた「お金」が少々掛りますが、
何とか頑張って工面したいと思います。

出願が無事通ればの話ですがネ。(笑)

出願番号通知

今度はドイツ語風で

Innovative Räucherstäbchenhalter 「Stratum」


数年前からドイツではお香が流行っていると聞いていたので、

ドイツ語風に作ってみました。

BGMもそれ風に「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 (笑)


ドイツ語 良く分からないので、

誤りが有ったらご教授頂ければ幸いです。 m(__)m



2015年2月18日水曜日

線香 数百年の歴史を変える?

現在当社では「倒れず安全で、燃え残らず掃除が簡単な線香立て Kouzou」の
発売の最終準備中です。
Kouzou設置法


線香
は、我が国で香木が認知されて1,400年程度、
現在の様な線香の形状になって400年程の歴史があるそうです。

その長い歴史の中で『線香を灰に挿して焚くという方法』で永らく使われ続け、
「線香とはこういうもの」という認識が固まっているようですが、

実際には「線香の倒れ落ちによる火災の危険」「面倒な燃え残りの掃除」といった
問題も内包しており、少なくとも万全の状態とは言い難いと言えます。
わたしも、通常の環境ではこのような事に気付くことすら無かったと思いますが、
母の難病罹患、更に父母の同時自宅介護の経験から、
日常生活にある多くの不便や悩みを直接体感し、
改善の必要性を痛感することが出来、開発へと繋がったのだと思います。
正に「必要は発明の母」であります。

線香の製造販売業界内では何か新しい動きが有るか調べてみたところ、
最大手の「(株)日本香堂」さんでは新しい取り組みとして
①微灰技術・・・・・煙や灰が少ない線香の開発
②折目付きのお線香・・・・・輸送時には折れにくく、使用時には半分に折り易い線香の開発
など、これまでにない付加価値を持った素晴らしい線香を作り出しています。
(株)日本香堂 ホームページ より
http://www.nipponkodo.co.jp/company/persistence03.php

当社の「Kouzou」と①の灰が少ないお線香「青雲クリーン」「清天」を併用すれば、
凄く安全でしかも物凄く手入れが簡単な快適さが実現出来ますね。

小さな日常の1コマ。 実はその小さな小さな1コマが人生の実像で、実は一番大切なのだと強く思う今日この頃です。

2015年2月17日火曜日

火災防止・灰掃除簡単!

発売準備中の画期的線香立て「Kouzou(香層)」のPR動画第二弾を
youtubeにアップしました。

今回は時間の無い(忙しい)方にご覧頂くために短時間でまとめてみましたので、
是非ご覧ください。

ご実家のお婆様やお母様への「安心・快適なプレゼント」としては如何でしょうか。

通常の4寸香炉に丁度良く入るサイズです。
今後は「3.5寸等の小さいタイプ」や「趣味のお香用」なども作る予定ですので宜しくお願い致します。

イメチェン or 別人?

2015年2月15日日曜日

実現

母はパーキンソン病と重度の骨粗しょう症を12年間患い体が利かず、
その多くの時間を自宅介護で過ごしましたが、
亡父に線香を手向けるのも大変で、
真っ直ぐに灰に立てることが出来ず、よく倒れ落ちて
畳などを何度も焦がして常に火災の危険が有りました。
そして母は、燃え残りの掃除をすることも儘なりませんでした。

以下の動画で紹介しているのは、
こんな母の為に開発を決意した「安全で掃除が簡単な線香立て」です。
灰を必要とせず、倒れずに掃除も非常に簡単な「画期的な線香立て」です。

危険や不便を感じたことのある方は、ぜひご覧ください。



一時は父と母の二人を同時に自宅介護した時期も有り、
その経験から本当に使い易い「介護用品」や「日用品」の必要性を痛感し、
この6年以上に渡り、開発に努めて参りました。
おかげさまで最近は「高岡クラフトコンペ2013 入選」「かわさき福祉製品アイデアコンテスト 優秀賞」などのご評価も頂けるようになって参りました。

誰にでもいつかやって来るであろう「老い」や「病み」をちゃんと見据えて、
いざと言う時に少しでも皆様のお役立てる『本当に役立つ介護用品・日用品』などを作り出したいと強く望んでおります。

2015年2月11日水曜日

昆虫食


昨今よく話題になっている地球温暖化などの大きな気候変動で、
将来の食糧確保を危ぶむ学者さんなどもあり、
農業や畜産に頼らずに食を確保するために、
世界中で豊富に存在する「昆虫」を食料にするしかないという考え方も
有るようである。

太古の昔から世界中に存在した『昆虫食』、勿論日本にもあり一部は現代まで
続いている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%86%E8%99%AB%E9%A3%9F#.E3.82.AB.E3.83.A1.E3.83.A0.E3.82.B7.E7.9B.AE

「イナゴ」や「蜂の子」「蚕の蛹」「ザザ虫」
現代の日本人の多くにとっては「気持ち悪い」「絶対無理」などと感じ取る
内容であると思いますが、

でも本当はどうなんだろう? と考えてしまいます。

同種の動物でも「肉食」と「草食」に別れている例も有り、
置かれた環境で生きていくためには「食」はかなりフレキシブルに
対応出来る、いや対応しなければならないものなのではないでしょうか。

今でも腸が短いのに頑張って竹を喰っているジャイアントパンダのように、
やればきっと何とかなるのが食なのでしょうね。
もっとも、ジャイアントパンダもたまには鹿なんか食べてるらしいですけどね。(@_@;)

気のせいが大きいんでしょうね、特に人間の場合は。
シベリア抑留されて、極寒の中1月間も食料が全く来なかったことも良くあったという父の
経験談を聞いて育った私には凄くよく理解できる部分ですね。

かくいう私も数年前までは、イナゴや蜂の子も食べられなかったのですが、
たまたま長野県に仕事に行った時にお客様に御馳走になり、
断れずに喰ったら、けっこう美味かった! ってところですがね。 (笑)
皆さんも明日から色んなものを喰う練習を始めた方が良いかもしれませんよ。

でも大丈夫、本当に腹が減ったら何でも食えますよね。 人間は。きっと。(*^^)v

2015年2月9日月曜日

知らないだけ

 

ナショナルジオグラフィック google+より
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150206/434587/

可愛い~。 愛らし~。面白い顔~。

でもね、知らないだけです。
下手すりゃ、食われちゃうんですヨ。

でも、それが自然の法則なのです。
今の認識で良いんでしょうかね。

これは「灰色アザラシ」ですが「豹アザラシ」も「オタリア」も「オキゴンドウ」も
実は魚食だけでなく、肉食性が強いんですよね。

限られた、片寄った環境の中での認識は、
そこから一歩出たら通用しない。
極当たり前の話しですね。

いつになったら目が覚めるのでしょうね。

2015年2月8日日曜日

バレンタインデー


あまり、いやまったく拙者には関係のないことではありますが、
巷ではバレンタインデーを目前にして、
菓子メーカー各社はチョコレート販売合戦の真っ只中、
TVでも多くのCMが流れている。
関係のない拙者でも知っているチョコレートメーカーに、
高級(高額?)で有名な「ゴディバ」がある。

過日TVでその「ゴディバ」はベルギーにあるメーカーであるが、
実はトルコの企業である、と紹介されていた。
以下、ちょっと調べてみたのでご参考までに。

「ゴディバ」ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%90


トルコの「ウルケル」 (日本人ムスリムの方のブログから)
http://saeedmoritania.seesaa.net/article/181251467.html
(巨大)駄菓子屋さんの傘下に高級チョコレートメーカーが入っている
という構図でありましょうか。
関係ないんですけど、
私も1度だけゴディバのチョコ貰った事あります、はるか昔に。
一応書いておきます。(笑) 

2015年2月6日金曜日

Normcore

「Normcore(ノームコア)」 というのが、
現在、NYを中心にファッション界で流行っているらしい。

Normcoreとは、normal+coreで「究極の普通」という意味らしい。
そしてその内容は、結局「Tシャツ+ジーパンが一番!」みたいな感じでしょうかネ。

な~んだ、私が長年愛し、崇拝して止まない「Extra Normal」と同じではないか。
言うまでもなく、自然で普通が一番に決まっている。

ファッションとやらも、食い物と同じで、
「気のせい」が占める部分が多いようですね。
空腹を満たしてくれる食物が美味いし、
寒さや暑さを凌げる衣服にこそ価値があると思う。


そして、洋服を着たら格好良くなる人よりも、
洋服を脱いだら格好良い人の方が、
遥かに格好良いのも言うまでもない。 (^o^)

そんなオジサンになれたら良いと、
一時は思ったメタルマンなのではあったが。 (@_@;)


そしてもう一言、
「普通で美しい人が、実は一番美しい。」

Extra Normal ! \(^o^)/




2015年2月5日木曜日

出張

久し振りに横浜方面に出張でした。

たまプラーザ駅前  けっこう雪降ってましたよ。見えませんが。
帰りにはもう小雨になっていました。



天気予報では今日は大雪とのことで、覚悟を決めて朝早めに出発。
画像では分かりにくいですが、8時前にはけっこう降りだしてきました。

で、10時頃目的地の「たまプラーザ」に着く頃は本降り!

さっさと早いとこやって、雪が積もる前に帰ろうと、昼までに修理完了して外に出ると、
あれっ(@_@)ほとんど降っていません。

良かったのですが、何か拍子抜け。(笑)

夜に降ると積もるからなあ、もう降るなよ〜。

〔携帯から投稿〕

2015年2月2日月曜日

特許庁

今日は風が大変強かったのですが、
頑張って「商標登録 2件」出願の為に特許庁まで行って参りました。

今まで自分で行った事が無いので、経験の為に行ってきました。
と言いたいところですが、「経費節減」も非常に大きな理由と言えます。
まあ言うなれば、今回は一石二鳥の効果を狙ったと言えるのでしょうね。(笑)

約束事がダメで、字を読むのが嫌いで、事務処理が大の苦手なので、
まず書類の作成自体が、非常に簡単な物なのに面倒でとても嫌でしたが、
頑張って書きました。
K0090482  K0090483
特許庁外観
K0090480  K0090481
出願窓口                 エントランスホール

で、出願の方はと言うと、
ちゃんと出来ましたよ、勿論!
師匠のA刀田さんやY澤さんに色々と教えて頂きながらですがね。(笑)
感謝であります!

他人の書いた文章を読むのは嫌いなのに、自分で勝手に何かを書くのは
けっこう平気。(笑)

帰りに官庁街をふらふら歩き回ってきたら、何やらパトカーに先導された緊急車両や
デモ隊(小規模)に遭遇しました。(@_@;)
イスラム国関連のようですね。

神様同士の話し合いで何とかして頂けたら、本当に良いと思います。