2014年3月28日金曜日

あー、ビックリした!

K0090030.JPG

昨日の記事で書いた長崎に納品する製品の梱包が終りました。
昨年までは近所に梱包運送業者があり、低価格でしかも早く梱包してくれて、尚且つ当社から発送するより低い料金で各運送業者を利用出来て便利だったのですが、業績低迷の為か営業所の統廃合で三芳市(当地から一時間以上)に移転となり、近くには他に業者が無いためやむ無く自分で木枠梱包!

で、運送の遅れも有るとの事なので、今朝8時過ぎに運送業者の近○レックスのE支店長宛てに確認のFAXを入れておき、
午後一で返事の催促をしたらFAX着いてませんとのこと(@_@)
仕方なく口頭で依頼内容を告げて、先程19:00頃再FAXをしたら通話中の音がして3度やってもダメ。

仕方なく電話すると、若い女の子が出て「は〜い♪ 近○でーす♪」
? ムムっ、となりながらも「今朝FAXしたけど届いてないと言うんで、今再FAXしてんだけど3回やっても着信してくれないから、ファクシミリ見てくれませんか?」と言うと、
「ふ〜ん、そうなんだ〜♪ でも、今FAX使ってないよ〜♪、だから大丈夫だよ♪ 」

な、なぬっ? お前はローラか? と内心怯んで、
「じゃあ仕方ないから、もう一回かけてみるネ。」
すると「そうだね〜、じゃ〜ね〜。」とオネエちゃん。(@_@)

それから5回目でやっと送信完了。
やっぱりどうかしてただろ〜、コノヤロ〜。と思いながらも何だか笑ってしまい。

一度わざわざ家に入って妻と娘に「運送屋に凄い電話番のネエチャンがいるぞ、・・・・」と顛末を話すと二人とも大笑い。
しかし、大丈夫なのかな「近○レックス㈱」あんな子雇って。 ちゃんと荷物届くんだろうな。

その後、E支店長からやっと確認の電話が有り、一応安心。

しかし、真面目が洋服を着て歩いているような私には、あんなガールフレンドもたまには良いかもネ。
毎日家に居られたら疲れちゃうだろうけど。(笑)

一時はチャーター便で届けることまで考えたので、何とかなって良かったです。


じゃーねー♪  (笑)

2014年3月26日水曜日

ちょっと大変

K0090029.JPG

あの二回の大雪以降、消費税の絡みもあり、色々なものが駆け込みで今月末日までの納期で取引され、また年度変わりの異動による引っ越しのピークも重なり運送会社は配車仕切れない状況が続いているようです。

当方でも今月いっぱいの納期のご契約を頂いておりますが、丁度折り悪くインフルエンザで協力工場の従業員の方が6人続けて数日間欠勤となり、製造の予定が大幅に遅れ、運送の遅れと重なり正直大ピンチでありますが、何とか頑張ります! 納品先は長崎県であります(@_@)。

添付は勝手に生えてきたビワの樹です。実が生るのはまだまだ先みたいですね。
さ、仕事頑張ろう!

2014年3月17日月曜日

忘れてた!

このところ何かと忙しかったので、
ホワイトデーのチョコ買い損ないました。
決して、すっかり忘れていた訳ではありませんよ。

買いに行かなくちゃと思いながら、行けなくて。
結局買えなかったんですよ。
で、今日、普通のチョコを買いました。
これではダメですかね?
息子のおやつにされそうですね。(笑)

この他にポッキーもてんこ盛りです。(^o^)


2014年3月9日日曜日

待ってろよ!

ワープ画像

昨日、5学年下の再従弟(はとこ)のKイチが53歳で亡くなった。
糖尿病で25年間の闘病生活に耐えてきたが、病状の悪化により多くの余病も併発し、最後は心不全のため彼の人生に終止符が打たれた。

彼は私が当地に越してきた年に生まれ、通常では「はとこ」ともなると疎遠になるものであるが、家が近かったことと、商売の関係も有って非常に近い間柄であった。
彼の父親の気質を受け継いだようで非常に性格の良い男であった、50年を超す付き合いであるが、彼から嫌な感じの仕打ちを受けたことが無い。

長かった闘病生活においても、周りにはあまり泣き言を言わなかったと思う。
そういえば彼の祖母も晩年「骨粗鬆症」で脊椎・腰椎が複数の圧迫骨折でどう考えても激痛が走っていたであろう状況においても、たとえ痛みで唸ってしまうような時にでも家族や他人に対して痛みを訴えたり、泣き言を言ったことが無かった。

当時私の母がその状況を見て、彼の祖母に「なぜ痛いって言わないの?」と聞いたところ「痛いと言ったところで痛みが和らぐ訳でもないし、聞いた周りの人が嫌な思いをするだけだろう。だから痛くとも痛いとは言わないんだよ。」と言ったとのこと。

母もそれを見習ったのか、晩年同じように骨粗鬆症とパーキンソン病の併発に悩まされ非常な苦痛を味わったと思うが、あまり痛いとは言わなかったし泣き言もほとんど言わなかった。
皆ナイスハートであり、声高らかにエールを送りたいと思う。 根性なしの私にはきっと真似のできない事であろうと思うが、少なくともこうあるべきという事だけは忘れずに心得て生きていたいと思う。

最近、年の近い知り合いや年下までもが次々に複数亡くなり非常に心寂しく感じて居り「明日は分からない人生に、一体何を求めるべきなのだろうか?」などと柄にもなく考えてしまうのですが、
いつも行き着く答えは、物や金による蓄財のみではなく「人との関わりや生きざまといった精神的な有り方の追及」であります。


ナイスハートの彼らに近づける様、毎日を大切に生きねばと思います。 そして彼らとなら再び同じ時を生きてみたいと思います。

冥福を祈ります。 
来世では絶対元気な体で生まれてこいよ、K一!

2014年3月5日水曜日

夕焼け

夕焼け2 

この話は10年程前に、中学の同級生のK一君にメールで伝えただけで他には誰にも言ったことが無い。
今から25年程前、
巨額(9桁)の借金の返済のために奮闘を始めて5年程経過した頃のことである。
この借金が出来た理由は話せば長くなるが、
要約すれば
学校の教員であった父方の祖父が父が7歳の時に早逝し
進学の道が閉ざされた父が、高等小学校卒業の後「(株)中島飛行機製作所」に入社し
やっと一人前になった頃に徴兵で満州へ行き、程なく終戦間際にソビエトの侵攻によりシベリア抑留(2.5年間)
バイカル湖の更に西方約700Kmにある、悪名高きタイシェット第7ラーゲリ(収容所)に収監(あえて収容とは表記しない)され、
まともな食料も、ろくな防寒装備もなしで零下50℃にもなるシベリアでの森林伐採等の重労働に従事させられた。
父のいた処では実に半数近くが栄養失調・発疹チフス等の伝染病・凍死で亡くなったという。
帰国後は「レッドパージ」により公職・大企業への就職に大きな規制が有り、専門の「機械分野」や「速記者」としては就職出来ず、
止む無く当座を凌ぐため現在の「板金業」に従事、下請け企業となる。

その後朝鮮戦争特需等で大きな浮き沈みを経験したが、
10人ほどの従業員を抱え昭和45年頃元請け会社が倒産し仕事が皆無となる。
その後自己(父一人で)開発の「そばカマド」等でメーカーとなるまでの2年8ヶ月間、
文字通り収入ゼロの状態で「10人程の従業員」に銀行借り入れで給料を払い続け、
仕事が無かったため従業員はノンプロの如く毎日野球の練習に明け暮れ、なんと当社は当時春日部市の軟式野球連盟の大会で雪印の系列会社である(株)アンデスハムを破り優勝している。

しかしその間に出来た借金は重くのしかかり、私が昭和58年に勤め人を辞めて家業に従事することになった時点で既に元金6,000万円程であった。

金の計算は父に似て苦手な私であるが、いくら何でもこれではダメだということになり、
新しい「飲食関係の事業」の計画をし、勿論従業員の方とも話し合いをしながら進め、
いよいよ計画に具体的に着手しようという処になって従業員から、
「やはり、良く考えてみたら他の業種で苦労するのは嫌だ。全員で退職する。」というのである。

私は耳を疑った。
1年半前に私に「帰ってきて自分達の為に家業を継いでくれ。」と言ったその同じ工場長の口からその言葉は出たのである。
しかも、のうのうと2年8ヶ月間何一つ仕事もせず、毎日朝から晩までキャッチボールをして給料をもらっていたその人達の決意なのである。

そして昭和59年、60歳を過ぎた父と二人きりで(正確には母もなれない事務仕事をし、姉も就職して自立して頑張ってくれた)気の遠くなるような借金返済の毎日がスタートし、歯を食いしばって頑張って来られた原動力は裏切ってやめて行った人たちへの「怒り」「恨み」そして「見返してやりたい」という感情であった。

そんな毎日を繰り返し、何時しか体も以前よりはかなり頑丈になり憎しみもやや薄れてきた頃、
いつものように一人で工場での仕事を終え帰宅するために県道320号を南西方向にさしたる感情も無く我が家を目指し車を運転して、
いつも通り慣れていて特段意識などしたことの無い「松富橋」橋上に差し掛かると、
そこからは、夕焼けで眼前の景色一面が見渡す限り真っ赤で、しかも真正面には夕映えの富士山が大きく見えた。感動した。

とてつもなく情けなく思えた。

借金に追われて毎日苦しい労働をしている自分が情けないと常日頃思っていたが、
この夕焼けを見た瞬間に覚えた情けなさは全く異質のものである。
夕焼けがこんなに綺麗だということさえも気付かずに、何年も過ごしていた自分が例えようもなく情けなく、
涙が溢れ出た、拭ってもぬぐっても止めどなく流れ出る涙で夕映えの富士山も霞み、なお一層赤く輝いた。

この一瞬で、この意気地の無い私も少し強くなれたように思う。
「自分の人生が情けないのは、状況が情けないこと以上に自分自身の心根が情けないからである。」
そう思えるようになったからだと思う。
元々明るい性格ではなく無表情で一人でいるのが好きだったような人間であるが、
これを境に少しは積極的に、そして許される範囲内で楽しむことも少しづつ出来るようになり、
多くの方たちと知り合うことも出来たのだと思う。
結局20年程で借金の返済は終わったが、この不景気である。
まだまだ大変であるが、親父が晩年よく言っていた言葉を思い出し頑張ろうと思う。

『どんなことも人生の大切な1ページだ。それがたとえ、如何に辛く嫌な事であっても、人生の貴重な時間であることに変わりはない。』
親父は75歳を過ぎたあたりから「残り時間の少ない自分にはどんな嫌な時間でも無いよりは有った方が有り難いんだ。」
と考えていたようです。
今大変な状況を抱えている方には、そしてもし低きに流れそうになった時には是非私の事を思い出して頂きたい。
こんなバカな奴でも何とか頑張って生きられるんだ、人生はそう捨てたもんじゃないよとネ。(^o^)

2014年3月4日火曜日

ハカラメ

140220_1759~001.jpg

室内で元気に越冬中のハカラメ(セイロンベンケイソウ)です。
ネットの「草木図譜」に分かり易い画像があるので、興味のある方はご覧ください。
ハカラメ http://aquiya.skr.jp/zukan/Bryophyllum_pinnatum.html
子宝草 http://aquiya.skr.jp/zukan/Bryophyllum_Crenatodaigremontianum.html

お袋が使っていた部屋なので、ほとんど使わないため暖房も無しですが、最低室温は7〜8℃位で保たれているようです。
ダイビングで小笠原へよく行く姉から土産でもらった「ハカラメの葉っぱ」から増えて生えてきました。
南方系で、葉の外周から生え出る芽が、春からの半年程度で50〜60㎝に育ちますが、屋外では冬に大体5℃を下回るとほぼ全て枯れてしまいます。

同じように玄関のタタキで3株の越冬を試みましたが枯れてしまうようです。
玄関では3℃程度まで温度が低下するようです。
しかし、根元付近の新芽(新株と言うべきか)や株の先端の新芽は頑張って生きています。幼い細胞はか弱そうに見えますが、低温にも負けない強さをも兼ね備えているようであります。
これから育って生きていく為の力を内に秘めているのでしょうネ、きっと。(^-^)

私も、ちょっとやそっとではヘコタレナイこんな力強さが欲しいです(笑)。
もう春だ、頑張れ ハカラメ!

そして、負けずに我らも!

2014年3月2日日曜日

「早沸き そばカマド」 沸騰!

当社のお客様、埼玉県さいたま市岩槻区「手打ちそば 大久保」様のそばカマドの沸騰の様子です。

釜の手前から後方へ綺麗に対流しています。

これならそばの茹で上がりも良く、揚げざるですくい揚げる時もほぼ自動的に入ってくるので、

非常に作業がやり易く、お店のピーク時に強力な戦力となります。

youtube動画  www.youtube.com/watch?v=_858Sp06PJQ
アップしました。

(有)吾嬬製作所